★東京の医学部予備校オススメ3校を紹介★

東京は政治経済の中心地として多くの教育機関が設けられており、医学部の数も最多となっています。優秀な講師陣が在籍する医学部予備校も多く、毎年合格を目指して全角各地から生徒が集まってくるほどです。東京は学習環境だけでなく、地方大学の受験会場としても多く導入されているので拠点にしていると非常に便利です。ここは東京にある医学部予備校の中からおすすめベスト3を紹介していきます。まず、医学部予備校の中でも長い指導実績を誇る野田クルゼです。医学部受験指導に特化して40年以上の歴史と伝統があり、親子二代で通っている生徒も少なくありません。近年は難関受験に強いことで有名な早稲田アカデミーのグループになったことで、よりレベルの高い指導が受けられるようになりました。医学部合格者の実績も毎年伸びており、指導力の高さには定評があります。次に寮と校舎一体型の医学部予備校で有名な東京医進学院もおすすめです。校舎は閑静な住宅街が広がる東京都武蔵野市にあるため、都会の喧騒から離れた落ち着いた環境で勉強に集中できます。通学時間が発生しないため無駄な時間がなく、夜遅くまで勉強しても安全なのが保護者に高い支持を得ています。24時間サポートしてもらえるのはやはり心強く、地方出身生が安心して学べる環境が提供されており人気があります。最後におすすめなのが慶応進学会フロンティアです。他の医学部予備校と異なり、多浪生や再受験生に力を入れているのが特徴です。医学部入試は3浪も当たり前となっていますが、近年は現役および1浪までを好む医学部が増えており、浪人を重ねると難易度が上がってしまいます。しかし、慶応進学会フロンティアでは多浪生向けの独自のプログラムを設けるなど豊富なノウハウを駆使して指導に当たっているので、合格実績が豊富なのが特徴です。他校から移ってくる生徒も後を絶たず、浪人生にはぜひともおすすめした医学部予備校です。以上のように東京にある医学部予備校を見てきましたが、3つとも独自のカラーを持って指導を行っています。つまり、相性が合わなければ効率よく学力を伸ばすことが困難となります。したがって、興味のある医学部予備校には積極的に体験授業や説明会に参加して確認することが大切です。東京へ行くにはお金がかかりますが、1年間学習する場所を選ぶわけですからそこは躊躇せずに積極的に行動に出ましょう。

医学部予備校の学習環境

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です